ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) 』2019年再演決定!ファントムは市村正親・石丸幹二!!

ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) コニーアイランド
3月18日、ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) 』の再演が決定しました!

ファントムは続投の市村正親さんと新たに抜擢された石丸幹二さんです。
クリスティーヌは濱田めぐみさんと平原綾香さんです。
ちょうど今上演中の『メリー・ポピンズ』で同じメリー役をされているお二人です。
共演はこれで3度目になりますね。







ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) ってどんなミュージカル?


英語のタイトルをそのまま読むとラブ・ネバー・ダイズのはずですが、大豆を連想させると思われたのか初演では『ラブ・ネバー・ダイ』のタイトルが使われました。
今回の再演でもこのタイトルが踏襲されるようです。



『ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies)』の原作は『マンハッタンの怪人』。
ちょうど今日誕生日のアンドリュー・ロイド・ウェバー卿が『オペラ座の怪人』の続編として製作した作品ですが、初演時のあまりの不評に今ではまったく別作品であると明言しています。
ただ、まったく単独の別作品だがこの作品を理解するには『オペラ座の怪人』を観ることをすすめるとも発言しています。
世界初演時のファントム役はラミン・カリムルー、クリスティーヌ役はシエラ・ボーゲスでした。

初演からさまざまな改変やテコ入れをした結果、オーストラリア公演のヒットにつながります。
もともと楽曲はとても素晴らしいものでしたから、脚本を大幅に変えたことでヒットしたわけです。
ちなみに初演当初予定されていたブロードウェイ公演は無期限延期になったままです。

日本では、2014年市村正親さんと鹿賀丈史さんがファントム役、濱田めぐみと平原綾香がクリスティーヌ役で上演されました。
この時上演されたのは、すでにヒットを確定的なものにしていたオーストラリア公演の演出とデザインが使用されました。

今回の再演では2ヶ月ミドルランが決定しています。


ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) あらすじ


オペラ座で巻き起こった怪人の謎から10年の月日が流れていた。ファントムはニューヨークへと逃れ、コニー・アイランドで自らの音楽を昇華させる舞台を作り上げていた。一方、ラウルと結婚したクリスティーヌは息子も一人授かっていたが、あまり幸福とは言えない日々を送っていた。ある日、ニューヨークから歌手として舞台の出演依頼を受けたクリスティーヌは、ラウルや息子とともに海を渡るが、図らずもファントムと再び巡り会ってしまう。

もっと詳しいあらすじを知りたい方はWIKIをご覧ください。
こちらにはかなり詳しく掲載されています。
ラブネバあらすじ

現在わかっているキャスト


ファントム役:石丸幹二 市村正親 Wキャスト

クリスティーヌ役:濱田めぐみ 平原綾香




ラブネバ観劇はこんな方におすすめ


『ラブ・ネバー・ダイ』の評価は賛否両論。
『オペラ座の怪人』ファンのなかには全否定している方もいる一方、舞台となったコニーアイランドの遊園地まで行ってしまうマニアもいるほどです。
それではラブネバ観劇はどんな方におすすめなのでしょうか。

ラウルよりもファントム派の方


『オペラ座の怪人』ファンの中でも、ラウルよりもファントムに感情移入してしまう方におすすめです。
アンドリュー・ロイド・ウェバー卿自身、ファントムに思い入れしたあげく作ってしまった感のある作品ですから、ファントムが可哀そうすぎる少しでも報われて欲しいと思っている方はすんなり受け入れられるのではないでしょうか。
初演の時より脚本も良くなっていますから言われているほど抵抗なく観れるでしょう。
石丸幹二さんファンのなかにはラウル派の方が多いはずですが、ラウル派だと楽しめないのでしょうか?
そんなことはありません。

素晴らしい楽曲の数々


『ラブ・ネバー・ダイ』のナンバーはどれも素晴らしいものばかり名曲揃いです。
石丸幹二さんが"Til I Hear You Sing"を歌うと考えただけでワクワクしませんか?
"Til I Hear You Sing"は"ミュージック・オブ・ザ・ナイト"に比肩するほどの名曲です。

クリスティーヌの"Look With Your Heart"やクリスティーヌとファントムが歌うデュエット"Beneath a Moonless Sky"や"Once Upon Another Time"も間違いなく名曲です。
また、最後に歌われるタイトル曲"Love Never Dies"は鳥肌が立つほどの美しさ。

これらのナンバーの美しさはラブネバを否定するオペラ座ファンも認めるところです。



蠱惑的なコニーアイランドの世界観


『ラブ・ネバー・ダイ』の舞台となるコニーアイランドの世界観は、クラシカルなオペラ座とは違って蠱惑的で人を惹きつけて止まないものがあります。
怪しく光るその世界を見ているうちに、これもありかと思えることでしょう。
オペラ座の続編とは考えず、その美しい世界観を存分に楽しみましょう。
パラレルワールド、個別の作品と考えればきっと楽しめるはずです。



公演日程


公演日程:2019年1月15日(火)~2月26日(火)

会場:日生劇場

主催:ホリプロ/読売新聞社

企画制作:ホリプロ

公式サイト
http://www.lnd2019.com/

公式ツイッター:@LND2019

■関連記事
『ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) 』2019 チケットの獲得方法は?
ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』追加キャスト発表、主要キャスト揃う!
ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ (Love Never Dies) 』2019年公演キャストスケジュール
ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ(Love Never Dies)』キャストビジュアル&コメント公開!

この記事へのコメント