山崎育三郎 ・古川雄大主演 ミュージカル『モーツァルト!』キャスト・あらすじ・公演詳細

モーツァルト.jpg


もうすぐ開幕するミュージカル『モーツァルト!』はウィーン発のミュージカルです。

『エリザベート』と同じ作曲・作詞コンビ、シルヴェスター・リーヴァイ & ミヒャエル・クンツェの最高傑作です。
1999年の初演から2001年までに40万人以上を動員、日本でも再演が重ねられてきました。

2015年-2016年シーズン、ウィーンでは新演出で再演が行われました。
今回の日本公演も新たな舞台美術、新しい曲も加わり、小池修一郎先生による新演出で新『モーツァルト!』に生まれ変わると発表されます。

4年ぶり6回目、新演出の今公演では、山崎育三郎さんと古川雄大さんのダブルキャスト。
小池先生の新演出のもと、お二人それぞれがどのようなヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトを作り上げてくれるのか今から楽しみです。











キャスト


ヴォルフガング・モーツァルト:山崎育三郎、古川雄大(Wキャスト)

コンスタンツェ:平野綾、生田絵梨花、木下晴香(トリプルキャスト)

ナンネール:和音美桜

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風真世、香寿たつき(Wキャスト)

コロレド大司教:山口祐一郎

レオポルト:市村正親

セシリア・ウェーバー(コンスタンツェの母):阿知波悟美

アルコ伯爵(コロレドの部下):武岡淳一

エマヌエル・シカネーダー(劇場支配人):遠山裕介

アントン・メスマー(医師):戸井勝

【アンサンブル】

朝隈濯朗
安部誠司
奥山 寛
後藤晋彦
後藤光葵
高橋卓士
高原紳輔
武内 耕
田中秀哉
福永悠二
港 幸樹
山名孝幸
秋園美緒
池谷祐子
石田佳名子
可知寛子
樺島麻美
河合篤子
福田えり
松田未莉亜
柳本奈都子
山田裕美子

【アマデ】
大河原爽介
加藤憲史郎
小河原美空



あらすじ


ザルツブルクの宮廷楽士であるレオポルト・モーツァルト(市村正親)とその娘ナンネール(和音美桜)は、錚々たる名士たちが集まる貴族の館で、今、幼い息子がピアノを弾くのを目の当たりにしている。5歳にして作曲の才が花開いたその子ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、"奇跡の子"と呼ばれていた。
歳月は流れて、ヴォルフガング(山崎育三郎/古川雄大 Wキャスト)は故郷ザルツブルクで音楽活動を続けている。傍にはいつも、奇跡の子と呼ばれた頃のままの“才能の化身・アマデ”が寄り添い、作曲にいそしんでいた。しかし、青年ヴォルフガングは、ザルツブルクの領主であるコロレド大司教(山口祐一郎)に仕えて作曲をすることに嫌気がさしていた。

続きはこちら



スタッフ


脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会

演出/訳詞:小池修一郎

音楽監督:甲斐正人
振付: 前田清実
歌唱指導:山口正義/やまぐちあきこ
美術: 松井るみ
照明: 笠原俊幸
衣裳: 有村 淳
ヘアメイク:宮内宏明
ウィッグ製作:スタジオAD
音響: 大坪正仁
映像: 奥 秀太郎
舞台監督: 廣田 進
演出助手: 小川美也子/末永陽一
指揮: 宇賀神典子
オーケストラ:東宝ミュージック/ダット・ミュージック
稽古ピアノ:國井雅美/栗山 梢
制作: 廣木由美/細川ゆう子
翻訳協力:萬代倫子
プロダクション・コーディネーター:小熊節子
プロデューサー:岡本義次/坂本義和/篠﨑勇己

後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム

製作:東宝

ミュージカル『モーツァルト!』公式サイト
http://www.tohostage.com/mozart/
東宝公式ツイッター
@toho_stage



公演詳細


東京都 帝国劇場
2018年5月26日(土)~6月28日(木)

大阪府 梅田芸術劇場メインホール
2018年7月5日(木)~18日(水)

愛知県 御園座
2018年8月1日(水)~19日(日)

『モーツァルト!』のチケットをチェックする
icon(チケットぴあ)


ミュージカル 2018年5月・6月号

この記事へのコメント