第9回「岩谷時子賞」受賞者




第9回受賞者

岩谷時子賞:松たか子

岩谷時子賞 功労賞:石井ふく子

岩谷時子賞 特別賞:大地真央

岩谷時子賞 奨励賞:古川雄大、上野耕平

岩谷時子 Foundation for Youth:黒木雪音

審査員川口 真(作曲家)
都倉俊一(作曲家)
草野浩二(音楽プロデューサー)

プレゼンター:市毛良枝

同賞は稀代の作詞家であり、越路吹雪を支えたマネージャーとしても知られる岩谷時子の名を冠し、音楽・芸術に功労のあった個人・団体を表彰する賞です。

授賞式では黒木が「エチュード ヘ長調 Op.10-8」、上野が「ニューシネマパラダイス」、古川が「僕こそ音楽」(ミュージカル『モーツァルト!』より)、大地が「ラストダンスは私に」のライブパフォーマンスを披露しました。

黒木雪音さんは、3歳からピアノをはじめ、7歳で東京ニューシティ管弦楽団と共演。その後、東京フィルハーモニー交響楽団、アスタナ市国立交響楽団、タタルスタン共和国交響楽団、リトアニア国立交響楽団、ポーランド・シレジアフィルハーモニー交響楽団、深圳交響楽団など、国内外の数多くの交響楽団と共演、海外のコンペティションで受賞を重ねています。また、2017年、テレビ朝日「 関ジャニ∞のThe!Mozart音楽王No.1決定戦 」で優勝された、将来を嘱望されているピアニストです。

岩谷時子音楽文化振興財団
http://www.iwatanitokiko.org/information/

■関連時事
山崎育三郎 ・古川雄大主演 ミュージカル『モーツァルト!』キャスト・あらすじ・公演詳細
第43回菊田一夫演劇賞大賞は「ビリー・エリオット」

この記事へのコメント