新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 感想、回る回る360度回るマクベス

新感線☆RS『メタルマクベス』disc1
【写真転載不可】画像はダウンロードできません。(知)


8月9日(木)、新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 ライブビューイングに行ってまいりました。

公演が始まって以来、Twitter 上に燎原の火のごとく広がる「さとしさんヤバい」「さとしさんカッコいい」のつぶやき。
「髑髏城もヤバかったがメタルマクベスはそれ以上にヤバいらしい」と噂が噂を呼ぶ『メタルマクベス』disc1。


一言で申しますと、最の高で御座いました。


濱田めぐみさんハジけてかわいい、粟根まことさん・橋本じゅんさん・山口馬木也さんとイケオジ揃い。

それより何より、橋本さとしさんのカッコよさは尋常ではありませんでした。
観終わった後は、「さとしさんカッコいい」「さとしさんかわいい」しか出てこない状態に。

これはぜひ一度は観るしかない作品ではないでしょうか。








8月6日キャスト


ランダムスター/マクベス橋本:橋本さとし

ランダムスター夫人/ローズ/植本B:濱田めぐみ

レスポールJr./元きよし:松下優也

グレコ/マクダフ山口:山口馬木也

グレコ夫人/シマコ/林:猫背椿

パール王/ナンプラー:粟根まこと

植本/医者:植本純米

エクスプローラー/バンクォー橋本:橋本じゅん

レスポール王/元社長:西岡德馬


バンド:岡崎司(guitars)、高井寿(guitars)、福井敏(bass)、松田翔(drums)、松崎雄一(keyboards)

新感線☆RS『メタルマクベス』disc1ライブビューイング
【写真転載不可】画像はダウンロードできません。(知)


橋本さとしさんのカッコ良さにテンション↑


IHIステージアラウンド東京で『メタルマクベス』再演と報じされた時、「劇場が新しくなったのになぜ再演なのか?」と訝しがる声があったのは事実です。

しかし、実際に公演を観て、回る劇場の特性を活かしきる演出に脱帽するしかありませんでした。

爆音ともに繰り広げられる『メタルマクベス』の世界にテンション↑↑

さとしさんランダムスターのカッコ良さにすっかり舞い上がってしまいました。

「カッコいいさとしさん」だけでなく、「かわいそうなさとしさん」「かわいいさとしさん」全部この舞台に詰まってます。
そして、エロかわいい濱田めぐみさんとの相乗効果で「テンション下がる〜」ではなく、

テンション爆上がり〜

でございまいた。

うわ言のように「さとしさんヤバい」「さとしさんヤバい」とつぶやいている方々の気持ちがよ〜〜くわかった次第です。
もう一度言いますが、さとしさん濱めぐさん夫婦最高

観終わった後は、「360度回転する劇場で回りたい」「いやぜひ回して」「お願い回してください」とテンションMAXになったことをお伝えします。



かなり正統派のシェイクスピア


最初に登場したババァメタルで掴みは OK

ベビーメタル好きの方には怒られそうですがかなりインパクトがあるビジュアルでした。
途中でミュージカル界の至宝:濱田めぐみさんも加わってあれやこれやするわけですが、濱めぐさんかなりはっちゃけて楽しそうでした。

3人の魔女から手渡されたのは、1980年代に活躍したヘビメタバンドの CD。
そこから西暦2218年と1980年代を行き来しながらストーリーが進みます。

2つの時代を行き来しながらもまるで違和感はありません。
舞台設定とビジュアルは間違いなくマッドマックスの世界ですが、他のシェイクスピアの舞台よりずっと正統派の雰囲気を醸し出しているのですから不思議です。

正統派シェイクスピアの雰囲気を醸し出しつつこの上ないエンターテイメントに仕上がっているのですから、脚本の宮藤官九郎さん演出のいのうえひでのりさんタダ者ではありません。

突然のライブ会場感、あの人は誰?




イケオジにばかり目が行ってしまいがちですが、登場するなり目を奪ったのが松下優也レスポールJr です。

なんですかあのカッコよさは?
  半端ない私が率いてます感
   わたしこそスターですオーラ


「もしもし、もしかしてあなたはジャニーズのトップスターか何かですか?」

と聞きたくなるほどの存在感。

松下優也さんは、音楽グループX4のメンバーで映画やドラマなどにも精力的に出演されています。
人気のNHKドラマ『アシガール』にも羽木成之役で出演されていました。

周りには、目を♡にしながら黄色い歓声を挙げたいところをぐっと我慢している乙女がちらほら。
カッコいいのはイケオジばかりではないと見せつけてくれました。

私もマジで恋する5秒前になったことをここに告白します。

ハーフアップの男ランダムスター VS ストレートロングの男パール王




『メタルマクベス』にカッコいいグっとくるシーンは数あれど、最高にキュンキュンしたシーンが、ランダムスター VS パール王のシーンでございます。

なんなんですか?
2人からだだ漏れしているあの色気は!

門番の村木仁さんには申し訳ないのですが、あの登場シーン

この上なくカッコいいです!

ロングコートにさらさらロングヘアーの粟根パール王。
立ち姿も殺陣も一つ一つの所作がこの上なく美しい!

対する、疲れ切り乱れ髪のランダムスターも色気たっぷり!

この2人が剣を打合せ戦い合うわけですから、「2人とも喧嘩はやめて」「いや止めないでと」身悶えること数回。
まるで『指輪物語』のレゴラスとアラゴルンの戦闘シーンでも見ているかのような耽美さ。


アラゴルンはハーフアップではありませんが…

もしも私の目に録画機能が付いていたとしたら、何百回何千回とリプレイしたことでしょう。

『メタルマクベス』には、橋本さとしさん、粟根まことさんの他にも、エクスプローラー橋本じゅんさん、グレコ山口馬木也さんとイケてるおじさまが集結しています。
誰が言ったかまさにイケオジパラダイス!

イロモノ担当、色しかないと言われる橋本じゅんさんと、質実剛健男臭いグレコ山口馬木也さん。
正反対なようでいて演じることに一本気なところが似ています。
正反対なイメージの2人が精いっぱい演じてくれるからバランスが良い。

イケオジ好きな方は観るしかない舞台でしょう。

回る劇場ぐるぐるシアター IHIステージアラウンド東京




IHIステージアラウンド東京は、360度回転する世界にたった2つしかない劇場です。
演出のいのうえひでのりさんも慣れない劇場での演出にかなりご苦労されたと伺いました。

横幅を自由自在に調節でき、回ることでバイクを走らせることもできる。
事前にセットを作り込むこともでき、スピード感のある舞台を作ることができる魅力的な劇場。
しかし、通常の劇場とは違うその特性を活かしきることができるかどうかは演出家の腕次第です。

『髑髏城』での経験を活かし、この『メタルマクベス』で劇場の特性を活かしきっている演出いのうえひでのりさんはもしや天才なのではないでしょうか。
ステージアラウンド機構を味方に付け、やりたいことをすべてやっている感があります。

ライブビューイングで「とにかく一度回って見なければダメだ」と思わせられる演出、これはかなりすごいことです。

IHIステージアラウンド東京は2020年まで取り壊される予定です。
今後、『メタルマクベス』はdisc1・disc2・disc3 と年末まで公演が続きます。
取り壊される前に、ぜひ一度ご覧になることをおすすめします。

(知)


公演詳細


新感線☆RS「メタルマクベス」 Produced by TBS

[disc1]2018年7月23日(月)~8月31日(金)
[disc2]2018年9月15日(土)~10月25日(木)
[disc3]2018年11月9日(金)~12月31日(月)

公演場所:IHIステージアラウンド東京(東京都)

原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎司
振付&ステージング:川崎悦子

■関連記事
新感線☆RS『メタルマクベス』の製作発表記者会見が行われました!

この記事へのコメント