愛希れいか主演 ミュージカル『フラッシュダンス』 キャスト・あらすじ・公演日程



1983年公開の映画『フラッシュダンス』をベースにした、ミュージカル『フラッシュダンス』が2020年秋上演されます。

主演のアレックスは愛希れいかさん。
主人公のアレックスは、昼は製鉄所で溶接工をしながら、プロのダンサーを目指す魅力的な女性。

ミュージカル『フラッシュダンス』 の音楽は映画とは違いますが、映画の大ヒット曲「Maniac」、「Manhunt」、「Gloria」、そして誰もが一度は聴いたことがあるであろう「Flashdance... What a Feeling」が使用されています。
つまり、愛希れいかさんがあの大ヒットソングを歌い踊るわけです!

ただ、気がかりなことが一つ。
イギリスで製作されたミュージカル『フラッシュダンス』は、結局 BW では上演されなかったこと。

せっかく愛希れいかさん主演で上演されるのであれば、なんらかのテコ入れが必要だと思われます。
そこは、「日本で、オリジナル演出として創作」すると意気込む岸谷五朗さんに期待したいところです。







あらすじ


1983年、ペンシルベニア州ピッツバーグ。昼は製鉄所、夜はバーのフロアダンサーとして働くアレックスは、日々プロのダンサーになることを夢みて暮らしていた。
そんなアレックスに製鉄所の御曹司、ニック・ハーレイは一目惚れをする。一方、同じくプロのダンサーを目指す親友のグロリアからダンスの名門学校・シプリーアカデミーのオーディションを受けることを勧められるアレックス。ダンスの恩師であるハンナからも背中を押され、意を決してオーディション会場を訪れるが、周りの熟練ダンサーたちを目の前にして自信をなくし、逃げ出してしまう・・・。

公演日程・会場をチェック
アクセス方法をチェック

記事TOPに戻る

キャスト


アレックス:愛希れいか
ほか

公演日程・会場・料金


公演日程:2020年秋
会場:日本青年館ホール(東京都)
料金:未定
チケット発売日:未定

遠征準備にホテル・ツアー・航空券を探すicon
新幹線+宿のお得なプラン

記事TOPに戻る

スタッフ


原作:トム・へドリー&ジョー・エスターハス作 パラマウント・ピクチャーズ映画「FLASHDANCE」
脚本:トム・へドリー(映画「FLASHDANCE」)&ロバート・ケイリー
音楽:ロビー・ロス
作詞:ロバート・ケイリー&ロビー・ロス

日本版翻訳・演出:岸谷五朗

製作:アミューズ

『フラッシュダンス』公式サイト:http://flashdancethemusical-jp.com/

記事TOPに戻る

アクセス


日本青年館ホール(東京都)

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1


〇東京メトロ銀座線:外苑前駅3番出口 徒歩5分

〇都営大江戸線:国立競技場駅A2番出口 徒歩10分

〇中央・総武線(各停):千駄ヶ谷駅 徒歩12分

〇中央・総武線(各停):信濃町駅 徒歩12分

座席表:https://seinenkan-hall.com/hall
公式サイト:https://seinenkan-hall.com/

記事TOPに戻る

■関連記事
ミュージカル『エリザベート』2020年四大都市連続公演決定!作品概要・公演情報


posted by ミューライフ編集部 at 11:36Comment(0)フラッシュダンス


この記事へのコメント