『コーラスライン』2020年4月、全国ツアースタート!



新型コロナウイルス感染症対応により、公演計画変更

2020年4月、4年ぶりにミュージカル『コーラスライン』が上演されます。

フィナーレを飾る華やかな「ONE」を、聴いたことがある・観たことがある方は多いのではないでしょうか。

「コーラスライン」とは、役名がつかないコーラスダンサーたちがこれ以上前に出ないために引かれる線のこと。
役名もない8人の採用枠を得るために、最終選考に残った17人の男女が問われるままに自らの人生のエピソードを語りはじめます。
ミュージカルとしてはかなりの異色作です。

その異色作が1975年上演されるや大ヒット!
6137公演という当時として最長のロングラン公演記録を打ちたて、1976年トニー賞では最優秀ミュージカル賞をはじめ9部門を獲得しました。







あらすじ


ショービジネスの街、ブロードウェイ。
舞台上には1本の白いライン―――コーラスライン。

新作ミュージカルでのコーラスダンサーを選ぶオーディションが行われている。
最終選考に残った17人が、1本のラインに並ぶ。
演出家ザックが彼等に問いかけた。

「履歴書に書いてないことを話してもらおう。君たちがどんな人間なのか」

姉さんのレッスンにくっついていっただけなのに、いつの間にか自分がダンサーになっていたマイク。
複雑な家庭環境の中で、何もかもが美しく夢のようなバレエに憧れたシーラ、マギー、ビビ。
音痴のクリスティン。
高校の芸術コースで落ちこぼれて、独学で女優になったディアナ。
美容整形を受けてからどんどん仕事に恵まれるようになったヴァル。
女装のショウで踊っていたポール。
そしてザックのかつての恋人で、スターへの階段を踏み外し、もう一度やりなおそうと戻ってきたキャシー。


戸惑いながらも、一人一人が自分の人生を語りはじめた。
自分の人生では誰もが「主役」であり、境遇も悩みもそれぞれである。

選考が進んでいくうちに、ポールが足を痛めてしまう。

全員がかけより手を貸す中で、オーディションの下、共に舞台を目指す仲間意識が生まれていることに気がつく。
そんな中、演出家ザックは皆に問いかける。

「もし、今日を最後に踊れなくなったらどうする?」
「悔やまない 選んだ道がどんなにつらくても全てを捨てて生きた日々に悔いはない」

そして最終決定は下された。



公演情報


2020年4月開幕!

公演日程など詳細は決定次第当オフィシャルウェブサイトで発表されます。

公式サイト:https://www.shiki.jp/applause/chorusline/



スタッフ


原案・振付・演出:マイケル・ベネット

台本:ジェームズ・カークウッド
ニコラス・ダンテ

音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
作詞:エドワード・クレバン
共同振付:ボブ・エイヴィアン
装置:ロビン・ワグナー
編曲:ビリー・バイヤーズ
ハーシー・ケイ
ジョナサン・チューニック

■関連記事
浅利慶太追悼公演 第 3 弾 ミュージカル『エビータ(Evita)』2019 東京・名古屋、そして全国へ

この記事へのコメント