劇団四季 2020 上演ラインアップ名古屋・京都・大阪・福岡・札幌&全国



先日、JR東日本四季劇場こけら落とし公演は、[春]『アナと雪の女王』、[秋]開場記念作品は『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』と発表されました。
[秋]では、オープニング作として『オペラ座の怪人』の上演も発表されています。

こけら落とし公演の発表と同時に、名古屋・京都・大阪・福岡・札幌、そして全国公演のラインナップも発表されました。

名古屋四季劇場では、3月26日から『ライオンキング』が上演されます。






名古屋四季劇場


現在上演中のパリのアメリカ人は2020年1月5日千秋楽を迎えます。

その後を引き継ぐのが『ライオンキング』です。
来年の名古屋四季劇場には、久々に『ライオンキング』がやって来ます。

『ライオンキング』は、2021年1月まで四季劇場[夏]で上演中、その後2021年4月(予定)からところを有明四季劇場に移し上演予定です。

また、現在、キャナルシティ劇場で上演中の『ライオンキング』は1月13日千秋楽。
今度は名古屋と東京で2都市上演が続けられるわけですね。



記事TOPに戻る

遠征準備にホテル・ツアー・航空券を探すicon
新幹線+宿のお得なプラン

京都劇場


現在上演中のノートルダムの鐘は1月19日に千秋楽を迎えます。

その後、2月22日から5月17日まで、パリのアメリカ人を上演。
関西では初の上演になります。



記事TOPに戻る

大阪四季劇場


大阪四季劇場では、2018年から引き続き『リトルマーメイド』が上演されます。

『リトルマーメイド』は、2020年に実写版映画の撮影がスタートする予定だと言われています。
また、2019 FNS歌謡祭にて、映画『リトル・マーメイド』公開30周年スペシャル企画として、劇中ナンバー「アンダー・ザ・シー」が披露されます。

『リトルマーメイド』人気がますます高まりそうですね。



記事TOPに戻る

キャナルシティ劇場


福岡キャナルシティ劇場では、多彩な作品の上演が予定されています。

まず、年明けから『ライオンキング』
1月13日に『ライオンキング』が千秋楽を迎えた後は、2月17日から6月14日までノートルダムの鐘
7月12日から8月30日までパリのアメリカ人、さらに10月1日から翌年1月3日までマンマ・ミーア!の上演が予定されています。



記事TOPに戻る

遠征準備にホテル・ツアー・航空券を探すicon
新幹線+宿のお得なプラン

北海道四季劇場


北海道四季劇場は2020年3月をもって閉館します。

現在上演中の「北海道四季劇場ファイナル公演」『リトルマーメイド』をもってすべての公演を終了します。

その後、北海道四季劇場は、札幌市に無償譲渡され貸館として利用されるそうです。

劇団四季が北海道から撤退するのではないかと心配されている方もいらっしゃると思いますが、吉田社長が「撤退はない」と言われているので安心してください。

ただ、今までと同じ頻度での上演は難しいかもしれません。



遠征準備にホテル・ツアー・航空券を探すicon
新幹線+宿のお得なプラン

全国公演


現在全国を巡演中の『カモメに飛ぶことを教えた猫』『はだかの王様』はそれぞれ3月に千秋楽を迎えます。

代わって4月18日から『ジョン万次郎の夢』、4月25日から『コーラスライン』、5月5日からは『人間になりたがった猫』が開幕。

また、JR東日本四季劇場[秋]開場記念作品『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』は、2020年8月下旬(予定)千秋楽を迎えた後、9月19日から全国各地を巡演する予定です。



記事TOPに戻る

■関連記事
劇団四季 2020 - 2021年東京・横浜 上演ラインアップ公開![春]はアナ雪[秋]はオペラ座
劇団四季 2020年上演ラインアップ公開!

この記事へのコメント